FC2ブログ
2019/12
≪11  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   01≫
カウンター
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

相馬 直人

Author:相馬 直人
現在求職中。

性同一性障害(FTM)・摂食障害・不眠症・自律神経失調症・喘息です。
3月の中頃まで2ヶ月ほど入院してました。
現在「音」「光」「人」に対してかなり弱くなっています(自律神経失調症の症状かも知れません)
↑最近はだいぶ強くなりました!

◎好きなこと
・比較
・歯磨き
・ニコ動歌い手さん巡り
・ニコ動実況巡り
・絵描き etc…

◎好きな作家は、
・神永学

◎好きなゲーム
・テイルズ
・ニトキラ
・ぼくのなつやすみ etc…

◎好きな声優
・福山潤
・伊藤健太郎
・緑川光
・荻原秀樹 etc…

◎好きな漫画家
・中村明日美子
・水城せとな
・鈴木ツタ etc…

などなど、色々です。

カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

イイ感じ。
「そのときに食べたいものが、体が欲してるものだと聞いたことがありま~す☆」という文章を発見いたしました
そうですね。たぶんその通り。良い文だ。
でも、まぁ過度に言うこと聞き過ぎるというのはダメだと思いますがね^^;

今の俺の食生活はあるによって平均的に保たれているように思うんです。「あまり食べない期間」「よく食べる期間」2つが交互に繰り返すことによって平均を保ってる。でも、目指すところは「ずっと一定が保てる事」。それでの平均が欲しいので、まだまだです


近々バイトすると思います。
やっと薬関連の問題が落ち着いてきたので^^
あ、あとカラオケに行けました!(音大丈夫だったw)
スポンサーサイト





 
ただいもー(・ω・)ノシ
ただいも
まだ生きてるよ。3度に亘って書き起こしをした上に、今日外来で先生に話したら落ち着いたと言いましょうか^^;
どうでも良いんですがね、どうせ一過性のモノがポンとやって来てるだけの話ですから。。


眠剤に関しては増やして貰いましたw
入眠用中型用の2つを服用していきます。また副作用とか出るかもなぁ
あと、自殺念慮に対応する薬は俺には無いようです。話す事(カウンセリング)が1番良い方法だとおっしゃっていました。

いつも外来に行って話した後は安心して楽になれると同時に食欲が湧きます
そこで今日は母親に事前に「昼ごはんいっぱい食べて良いか」との連絡を入れてみました。これで許しを貰えたら罪悪感の除去が出来るのでは――?と考えたのです。
ワザと試すように・過食衝動を匂わせる様にして送ったので、どちらかと言えば否定的な文章が返ってくるのかと思いきや、あまりにも正反対の言葉が並んでいて驚いてしまいました

そんな感じで、許しを貰った俺は目に映る『食べたい』と思ったものを多く買いました。許しを貰っても少し『申し訳ない』という気持ちがあるままでした。
買った商品を近くの公園の椅子に座ってモグモグ・・・『あれ?パン1つの辺りでもうお腹いっぱいだぞ?』それでも一応買ったので他の物も食べ続けました。全部食べた訳じゃないけど、気持ち悪くなりました←←

結果が見えましたね。いつも自分の身体を実験台にしての結果ですね;;
※見て『食べたい!』と思う事と実際にそれが「食べられる」事とはもう違う領域になっている・という事。

普通の人だったら「なんだ、当たり前の事じゃないか。」と言うかもしれませんが、過食期を経験した俺にとっては大変な変化でした・気付いてませんでした。こういう事に当たり前に気が付けないから「普通」から遠ざかってしまう原因の1つになるんでしょうね。
過食期真っ最中だった俺は目に映った物で食べたいと思った物はほぼ全て胃の中へ入れられていました。あれは・・・ホントに異常です。普通だったら入らない量を一気に詰め込めるんです。そこに「味わう」とか「楽しい」といった気持ちは無く、只々「食べたくないのに」等とという否定的な気持ちに埋まりながら胃へ物を押し込んでいくんです。
だから、驚きと共に嬉しさを感じました。少し、普通の人へと近付けた気がして


世の人は「普通、普通」平気な顔して繰り返し言うけれど、「普通」というモノがこんなにも大変であるのをホトホト実感させられます。人生経験という点から見れば、俺は物凄く良い経験をしているのではないだろうか?(そりゃ、苦しいけども。。)

「普通」っていうのはとても広い概念で・・・本当に「普通」というモノを突き詰めて行ったら、この世にそんな言葉は存在しなくなるんだろうけどね。それでも「普通」っていうのが良いと俺は思う。出過ぎず引っ込み過ぎず足並みそろえて一般的??

普通という範囲の中で少しだけ頭出てれば良いんじゃないかな?ね

続きを読む



 
まだまだですぬ。。
全然、落ち着いてないです。

まだまだ「異常な食べたい衝動」がある状態。もう飢餓状態からは脱している筈なのにどうしてよくそういう風になるのか考えていたところ、1つの仮説が生まれました。
拒食症真っ只中だった頃の俺は目の前に食べたい物があったとしても我慢し続け、その結果時期が過ぎて「食べる事のないまま終わる」を繰り返していました。
多分いつも凄くそれらを食べたかった。そして、時期が過ぎて違う商品に切り替わってしまって食べる事が出来なくなったそれらに対していつも『あの時買っておけば良かった』『あの時食べていれば良かった』と思っていた筈。
実はこの「見た時に食べたいと思ったものはスグ食べた方が良い・後悔しない」という気持ちがある事に気付いたのは入院中で、何度か同じような経験をした時にやっと気付きました。
かなり憶測ですが、拒食時代にずっとずっと我慢し続け、手に入れられないまま後悔してきた経験が今の俺の過食(?)の衝動を引き起こし続けている様に思えます。

しかし、そうだとすれば如何にして治していけば良いのでしょうか?
現在体重はあまり測っていないのですが、自身の体型の変化から「過食したらその後2日くらいは食事量を抑える」でやって来たつもりでした。でも、ここに来てそういった代償行為(?)が次の過食衝動を引き起こしているのではないかという論に辿り着きました。
だからと言って自制する自分を解除してしまったら、また急激な体重増加が目に見えるし栄養的にも良くないし。何より「空腹感が無い時に異常な量の食べ物を本気で食べたい訳でもないのに一気に食べる」というオカシナ症状を無くしていかなければならないのだし・・・。

困った。積みではないけれど、若干積み気味。
また自分の身体を使いながら試行錯誤して行きたいと思います。
一時期すごく普通の生活が出来たんだけどなぁ(・ェ・`

つか、まず「いつも食べたい物などを我慢しなければ普通っぽい生活が出来ない」というのがオカシナ話しで、普通の人はそんな事思わないでも普通の生活が出来ている訳だからまだまだなんですよね。
特に食べたいと思っている訳じゃない。空腹感がある訳でもない。でも、今食べておかないと食べられなくなってしまう――!・・・だから食べる、ですね。この太字の部分の間違った思いをどうにかしない事には始まらないと・・・どうすれば。。

どんなに自分を誤魔化したところで「誤魔化された自分」と「誤魔化した自分」の両方を知っているのだから結局は初めから誤魔化せてはいない訳で――負けているんですよ。と、いう事は誤魔化しでは駄目と・・・。

毎日食べるメニューとかが決まっていたら良いんだと思うけど、そんな大変なこと出来ないし。決まってないから変な時に食べたりするんだろうし量とかもよく判らないんだろうし。歩み寄ってはいるんだけどね。自分の体が「食べたいサイン」を出す時間を見計らって食べ物を摂ってみるとか、色々。



まだまだというのを自覚。
頑張って改善していきます。では!


 
どうなる訳でもないのにな・・・。
俺が拒食になったり過食になったりしたところで誰が本気で心底心配する訳でもないのに、ただ俺に対しての意識を改革させたくて――俺の苦しみを与えたくて、当て付けがしたくて、、過食症になろうと頑張ってる?・・・のか?

嫌だけど食べる。何も無かったら取り敢えず食べる。特に食べたくないのに食べる。空腹感が無くても食べる。腹の具合が悪くても、満杯で入らないと身体が訴えていても詰め込む。
始めは「~てやる。」という感情。自分で自分を上からコントロールしてやってやってる。でも、食べ始めるとどこかから「~たくないのに・・・」という感情に変わる。コントロールがきかなくなるのだ。

自分で自分を痛めつけようとして立てた策略にいつも食い潰されて後悔する。自責の念に駆られる。
しかし――これで順調に体重が増え続けていけば親が心配してくれるのではないかと思っている自分がいる。

俺は、心配して欲しいのか?親に?母親には迷惑を掛けたくないと思っていると共にそう言った感情があるのかもしれない。申し訳ないなと思っている。
親父には・・・当て付けだ。「お前のせいでこうなった。」と言って罪悪感を植え付けてやりたいと思っている自分がいるのに、俺は気付いている。


最低だな。


結局どうなったところで自分の身体が可哀想になるだけだ。
止めてあげないといけないのは重々解っている。・・・だが、止められないのだ。どうしても「復讐」してやりたいと思っている自分がいて、止められない。意識が変わればすぐにでも過食を止める事が出来そうなのに、捻じ曲がって歪み切ったこの感情を制御出来ずにズルズルと食べ続ける日々が続いている。なんて奴なのだろうと思う。気付いていた自分の感情に蓋をし続けていたが今この瞬間に露にしようと思ったのは自分の身体を守る為と言っていい。
「食」以外の方法で考えれば良いものを、1度それで味を占めたからと言って何度もそれを繰り返そうとするとは――愚かだ。


変えて行かねばならぬ。どうすれば良い、模索中である。
憎い憎い憎い、そう思っていたいのかもしれない。本当は理解して欲しくて必死にもがいているのかもな。・・・大体そっちの方が辻褄合うけどな。俺はそんなの信じたくない。俺はきっとあいつに「子育ての失敗」「罪悪感」「意識の改革」などを―――どれだけ上から目線なのか・・・最低過ぎる事は解っていてもどうしようもない。なんて捻じ曲がっているのだろう、なんて歪んでいるのだろう・・・こういう感情にしたのは――全部あいつのせいとしよう。


結局、責任転嫁だ。
自分がラクになりたいが為に他人を盾にしてるだけなのだ。



なんだ、結構全部解っているじゃないか・・・。
どうすれば良い、どうすれば良い、どうすれば良い?

続きを読む



 
まだマシ・・・なのかな。
こうして自分の情報を発信しているだけまだマシなのでしょうが、結構ボロボロな気がします。

睡眠薬を多量摂取して死んでしまおうかと考えネットで調べたり、薄いリストカットを繰り返してみたり、食物摂取量を著しく減らしてみたり、家出しちゃったり・・・。
睡眠薬に関しては色々と調べてる内に後遺症が気に掛かって・・・と、言う事はやっぱりまだ「助けて欲しい」という気持ちがあるのだろうと思った。
リストカットは数日間消えない傷を作る事が目的だから特に心配は無し。
食物摂取量提言に関しては以前と考えがあまり変わらず「体重増えたら役立たずの邪魔者」的な・・・。あとは当て付け?自分と親とに。
(最近の睡眠薬はどうやら大量に飲んでも死ねない様な成分らしいですね。)


何とか俺に関わる事柄を理解してくれようとする両親、苦労なく過ごせる家や食生活・趣味――恵まれた環境化にあるのにも拘らず何を訴えようとしているのか・・・一体自分は何が気に食わず、足りないと感じているのか、解らない。良い環境に置かれ過ぎていて凄く自分勝手で我侭な甘えたチャンになって居るのではないだろうか?多分そう。何に満足がいってないのか。

買いたいものは買える、親は怒らない、やりたい事も出来る。しなきゃいけないのはチョットの家事くらい。
仕事もしない、学校も行かない(卒業したから)、精神が安定せずに親を困らせるだけ困らせて・・・何をやっているんだろうと思う。


ここからは自分の話だけど、
食いたいのに食えない(摂食障害で・・・)、
食いたくないのに食う、
一気に食べられる訳じゃないのにその物を買い込みたくなる、
誰とも喋りたくなくて話し掛けられても無言になったりして親を困らせる、
食べたくないから寝ようとする、
苛々したり精神不安定になる事が増えた、
自殺しようと考えたり家を出ようと考える事が多くなった、
・・・とか、色々。

こんなんなら死んじゃった方がいいかな?迷惑も掛けないしお金も掛けないし――って思ってる最近。
こうやって書いてるって事はまだ大丈夫だよね?なんか良い方法ないのかな、上手く生きていける方法。




じゃーね。
次に書いてる時には気持ちが変わってる事を祈るよ。バイバイ

続きを読む



 
最新記事
最新コメント
ランキング。

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村 その他日記ブログ フリーター日記へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 摂食障害へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 性同一性障害(FtM・FtX)へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ブロとも一覧

眠くもないけど行く場所もない

男が好きな男の日記

ブログはじめました

MTF千里・「あたし」と呼べるまで

サボリーマン松ちゃんのオンラインカジノ日記(ブログ♪)スポーツベッティング攻略中!
FC2ブックマーク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR